パワーストーンアクセサリー専門店Natural Style

パワーストーン(天然石)の魅力を活かした、
オリジナルの手作りアクセサリーを販売しております

ユナカイト

ユナカイト

英名 Unakite
和名 ユナカ石
主な産地 アメリカノースカロライナ州
成分 Epidote+Feldspar+Chlorite
+Quartz
結晶系 集合構造(岩石)
モース硬度 6.5 ~ 7
比重 2.8 ~ 2.9
黄緑色+褐色+ピンク色+白色+濃緑色

ユナカイトの意味

ユナカイトは緑簾石(エピドート:緑色の部分)、長石(フェルドスパー:ピンク色の部分)、石英(クォーツ:白や灰色の部分)、微量の緑泥石(クローライト:濃い緑色の部分)などの鉱物が集合してできた天然石です。そのため、混在する鉱物の割合や状態によって、緑色、濃い緑色、ピンク色、白色などが混ざり合い、複雑な色あいや表情を見せてくれます。

ユナカイトはノースカロライナ州ユナカ山地で主に産出されることから、ユナカ石(ユナカイト)という名前が付けられました。産出量も多く、比較的手に入りやすい石ですが、個性的な魅力に惹かれるファンの多い石でもあります。

ユナカイトやクォンタム クワトロ シリカなど、いくつかの鉱物が混在しているパワーストーンには、それぞれの石の相互作用によって高い効果を発揮するという共通点が見られます。ユナカイトはその代表格。混在する鉱物の割合によって、わずかにパワーの方向性に個体差があるといわれています。

主な割合を占めるエピドートは恐怖や不安、緊張を和らげ、持ち主をリラックスさせるヒーリングストーンとして知られています。フェルドスパーは生命力を高めて、暖かなエネルギーを心身に巡らせてくれます。クォーツは全体の波動をまとめ、安定と安心感をもたらします。微量に含まれるクローライトは、癒しの石として知られるガーデンクォーツやモスアゲートの「緑の内包物」と同じグループで、癒しと安らぎをもたらすと伝えられています。

このように、様々な石のエネルギーが重なり合って調和していることで、単体の天然石には見られない素晴らしい波動を持つと考えられています。いわば1つの物事に対して、1人ではなく、グループで対応しているようなもの。力強く、頼れるパワーストーンとして、特にヒーラーやニューエイジ系の人々に人気があります。

ユナカイトは、とても力強いヒーリングストーンとして知られています。例え今はネガティブな感情に囚われているとしても、ある時ふと「自分は何をこんなに恐れていたんだろう」「恐がらなくていいんだ」と気づかせてくれるでしょう。恐れや不安は自分自身の中にあるもの。

ユナカイトは、良い部分も影の部分も、丸ごと包み込んで優しく癒してくれます。心の傷を癒し、混乱や緊張を静め、ありのままの自分を受け入れられるよう導いてくれるでしょう。また、グリーンとピンクが絶妙に混ざり合った石の表情から、「陰と陽」や「男性性と女性性」など、大きな視点から見た物事や心身のバランスを整えてくれると伝えられています。

※石の表面に、小さなヒビや窪みが見られることがあります。これは混合石ならではの特性によるもので、欠けや不良ではありません。また、このヒビなどが目立たないように、オイルを含浸させて美しく見せる仕上げを施してある事もあります。

※複数の鉱物の集合体なので、状態や場所によっては硬度にバラつきがありますが、比較的丈夫で、鉱物的弱点が少なく扱いやすい(見に着けやすい)天然石です。

ユナカイトを使用したアクセサリー

PAGE TOP ▲