パワーストーンアクセサリー専門店Natural Style

パワーストーン(天然石)の魅力を活かした、
オリジナルの手作りアクセサリーを販売しております

オレンジムーンストーン

オレンジムーンストーン

英名 Moonstone
和名 月長石
主な産地 インド・スリランカ
成分 KAlSi3O8
結晶系 単斜晶系
モース硬度 6 ~ 6.5
比重 2.5 ~ 2.6
帯橙桃色

オレンジムーンストーンの意味

ムーンストーンは長石(フェルドスパー)という鉱物グループの一種。長石グループの石には、ラブラドライト、サンストーン、アマゾナイトなどがあり、同じ仲間とは思えないほど多種多様です。

ムーンストーンはオーソクレース(正長石)を主とし、アルバイト(曹長石)を含むものをいい、この二種類の長石の層が重なり合って、光の内部反射と干渉が起こり、「シラー(シーン)」と呼ばれる幻想的な光の効果を見ることができます。この光こそがムーンストーンの最も特徴的な魅力でもあり、名前の元となるイメージをかきたてたのだと思います。一般的に知られるムーンストーンは乳白色、または半透明の物が多いようですが、他にもオレンジ、ピンク、イエロー、グリーン、灰色がかったグリーン、灰色、茶色、褐色など様々な色があります。

ムーンストーンは6月の誕生石。その昔、この石は月の輝きが結晶した石だと信じられており、月の魔力の化身として神聖視されていました。古代インドの人々は、ムーンストーンを「聖なる石」として崇め、お守りとして身に着けていたそうです。夜道を照らす月明かりのように、真実を授け、危険から身を守る力を与えてくれると考えられていたのでしょう。また、「勘が鋭くなる」「危険を察知する」「進むべき道を示してくれる」といった伝承が多く残っており、予知や透視、占いなどの儀式に用いられてきました。

人間の体は月の満ち欠けによって、少なからず影響を受けています。全てのものは絶え間なく変化し、自然も人も一定のサイクルで変わり続けているのです。特に心は、常に一定ではいられません。気持ちがざわついたり、そわそわしたり、ちょっとした事にも敏感になって傷つきやすくなったり、自分ではどうしようもないといった経験が、誰にでもあるのではないでしょうか。

ムーンストーンは様々な変化に合わせて調子を整え、心を解きほぐして、大らかな気持ちにさせてくれるヒーリングストーンです。一見繊細そうに見える石ですが、実はとても自浄能力が高く、周囲の雑音や悪影響を受けにくいので、どんな状況でも安らぎと癒しの波動を絶やさず、情緒的なバランスを良い状態へと導き、保ってくれるでしょう。また、月は古来より女性性を象徴することから、ムーンストーンは女性特有の不調を和らげてくれると伝えられています。母性を高めて、イライラを鎮めてくれるので、年配の女性や出産を控えた方への贈り物としてもよく用いられています。

ムーンストーンの中でも特にオレンジ~オレンジベージュの色合いのものをオレンジムーンストーンと呼びます。この石は、果実が熟したような、あたたかみのある色あいから「豊穣」「結実」を象徴すると伝えられています。天の恵みが降り注ぐように、これまでの努力が実を結ぶよう導いてくれるでしょう。その結果、財運がアップするといわれています。

オレンジムーンストーンは、第2チャクラに対応し、人間の情緒や社交性、喜び、楽観的思考に深い関わりを持っています。優しく大らかな波動で包み込み、穏やかな愛情で心を満たしてくれるのです。さらに、ムーンストーンが本来持つ「陰」の波動に加え、オレンジムーンストーン特有の、温かみのある「陽」の波動も併せ持っています。そのバランスの良さが最大の魅力。陰の気を持つ石と組み合わせれば更に癒しの効果が増幅され、陽の気を持つ石と組み合わせればより行動的で活力溢れるような波動が増幅されます。自分の状態に合わせて使い分けてみてください。

この石にはムーンストーン特有のシラーと、サンストーンのように内側から光るラメのような輝きの両方が見られます。そのため「サンムーンストーン」という商品名で販売されている事もあるようですが、正式な鉱物名は「フェルドスパー」となります(鑑別結果はスターフェルドスパーでした)。

※粒によって、色あいや輝きなどに個体差があります。また、6ミリ玉や8ミリ玉など、粒サイズによっても、色あいが多少異なりますが、天然由来の状態ですので、あらかじめご了承ください。

オレンジムーンストーンを使用したアクセサリー

PAGE TOP ▲