パワーストーンアクセサリー専門店Natural Style

パワーストーン(天然石)の魅力を活かした、
オリジナルの手作りアクセサリーを販売しております

ラブラドライト

ラブラドライト

英名 Labradorite
和名 曹灰長石
主な産地 カナダ・マダガスカル・フィンランド
成分 (Ca,Na)(Si,Al)4O8
結晶系 三斜晶系
モース硬度 6 ~ 6.5
比重 2.6 ~ 2.7
淡青緑色 淡青色 青灰色

ラブラドライトの特徴

ラブラドライトはフェルドスパー(長石)の仲間で、斜長石の一種。18世紀後半ごろ、カナダのラブラドル半島で発見されたといわれています。ラブラドライトという名前はこの発見地にちなんで付けられました。

一見地味な色あいの石ですが、光の加減や見る角度によって、ブルー、グリーン、ゴールド、イエロー、ピンクなど、様々な色の輝きを見ることができます。まるで蝶の羽のような、美しく強い輝きこそがラブラドライトの魅力といえるでしょう。この独特の輝きは「ラブラドレッセンス(ラブラドルの光)」と呼ばれています。

ラブラドライトドロップカット ラブラドライトロンデルボタン

また、フィンランドのユレマ地方で産出されるラブラドライトは、地色が黒に近いほど濃く、特にラブラドレッセンスが強く鮮明に見えるため、スペクトル(虹色)にちなんで「スペクトロライト」という名前で呼ばれています。ラブラドライトはコレクター(愛好家)が多い石として知られています。その輝きや表情は1つとして同じ物がなく、どれも魅力的なため、一度この美しさの虜になると離れられないのだそうです。

ラブラドライトの意味

印象的なラブラドレッセンスの輝きは、多様性や自由を象徴すると伝えられています。

思い込みや既成概念から抜け出し、自由に解き放って、新しい世界や新しい自分に向かってチャレンジする「意識の変革」をもたらしてくれるといわれています。自分の内なる才能を目覚めさせ、挑戦する勇気や実行力、希望を与えてくれるので、何か新しいことを始める時や、夢や目標に向かって頑張っている人の力になってくれるでしょう。

ラブラドライトナチュラルマクラメブレスレット

自己と宇宙をつなげる架け橋となる

ラブラドライトは、「宇宙からのメッセージ」を宿した石だと信じられてきました。

黒や灰色の中に、キラリと輝きが見える様子がとても神秘的で、宇宙をイメージさせるからだと思います。ただの例えではなく、確かにラブラドライトからは霊的な波動を強く感じます。魂に直接届くようなこの石の不思議な波動は、直感力・洞察力・創造力・予知・霊的能力を高めてるといわれています。

強いラブラドレッセンスの輝きを眺めていると、吸い込まれていくような、不思議な感覚に陥ることがあります。神経が研ぎ澄まされて、魂がどこかへ向かっているように感じますが、それは自分の内側へと、真理を追究する心の旅に出ているのだと思います。悲しみや怒り、不安など、抑圧されて滞っていたマイナスの感情を開放し、自分自身を素直に見つめ直すことができるようになります。様々な感情を整理した後は、まるで心を洗い流したような、とてもさっぱりとした気持ちになるでしょう。

無限の色相を持つ虹色の光が霊性を開花させる

様々な色の輝きを持つラブラドライトは、「月と太陽」を象徴し、陰陽の波動をどちらも併せ持っています。月のような静かな波動で直観力や洞察力を与え、太陽のような温かな波動で活力と希望、陽気さを与えてくれるといわれています。この正反対にも思える二つの波動は、持ち主の状態に合わせて、必要な場面で力を発揮してくれます。

感情を上手にコントロールできるようになるので、気分の浮き沈みが激しい人や、気持ちが不安定な時に良いでしょう。また、持ち主のオーラに特定の色素を補強し、オーラバランスの修復や安定を助けてくれるとされているので、セルフヒーリングに用いられることも多いようです。

※ラブラドライトには劈開性(へきかいせい:硬度に関係なく、ある一定の方向に割れやすい性質のこと)があるので、強い衝撃を与えないように注意してください。

※ラブラドライトは層状に結晶しているため、研磨した状態ではヒビ(結晶層)が目立ちやすい特性があります。これは石の構造によるもので、不良品などではありません。あらかじめご了承下さい。

ラブラドライトを使用したアクセサリー

PAGE TOP ▲