パワーストーンアクセサリー専門店Natural Style

パワーストーン(天然石)の魅力を活かした、
オリジナルの手作りアクセサリーを販売しております

フローライト

フローライト

英名 Fluorite
和名 螢石(ほたるいし)
主な産地 アメリカ・中国・イギリス・アルゼンチン
成分 CaF2
結晶系 等軸晶系
モース硬度 4
比重 3.1
無色 (濃淡)紫色 (濃淡)緑色
(濃淡)青色 黄色 ピンク色 橙色

フローライトの意味

フローライトはラテン語の「fluere(流れるという意味)」という言葉が名前の由来となっています。その名の通り、滞っていた気の流れを整えてくれる、非常に高いバイブレーションを持つパワーストーン。心と体、アイデアと行動、周囲と自分など、矛盾しがちなエネルギーバランスを調和させることに優れています。

気の流れが良くなると、様々な不調が改善されます。心配性や不安をやわらげ、冷静さと明晰な思考力を引き出し、安らかな精神状態を得られるでしょう。もっと大きな視点から自分や物事を見つめられるようになり、精神と意識をより高次元に導いてくれます。変化することを恐れず、人生は無限の可能性に満ちていることを教えてくれているのです。

フローライトのなめらかな波動は、瞑想やリラクゼーションに最適です。トゲトゲした心を和らげ、穏やかな気分を取り戻させてくれます。抑圧された感情を解き放ち、余計な邪念を洗い流して、魂やオーラを浄化してくれるでしょう。また、思考力が高まり、冷静に対処できるようになるため、「仕事や勉学の向上に良い石」だと伝えられています。

フローライトはトルマリンに次いで豊富なカラーバリエーションを持つ天然石。その色彩は、透明・紫・ピンク・緑・青・黄色など様々で、中には二色以上が層状に交じり合ったバイカラー(レインボーフローライトとも呼ばれる)もあり、とても幻想的です。パワーストーンにおいて色の持つ影響力はとても大きいもの。フローライトも石の色によって、少しずつ違う役割を担っています。

◆透明(クリア):純粋・浄化・リラックス
水晶に近い波動を持ち、純粋で清らかなパワーを持つと伝えられています。邪を祓うお守りに。

◆紫(パープル):結合・魂の浄化・真理。
精神と意識をより高次元に導き、スピリチュアルな波動が強まると伝えられています。理解力や分析力を高め、思考をクリアーにしてくれるので、瞑想などに用いられる事が多いようです。窮屈な現実から心を自由に解き放ち、精神的なストレスを和らげてくれるでしょう。

◆青紫(ラベンダー):沈静化・癒し・浄化・安らぎ。
パープルとブルーの中間のような色あいと波動をもち、寛大で公平な優しさをもたらしてくれます。見ているだけで心が静まり、スーッと落ち着くような心地よさです。魂を浄化し、高貴で純粋な状態へ導いてくれることから、邪悪な存在をよせつけないお守りとして知られています。

◆青(ブルー):知性・平和・寛大・心の安らぎ
インスピレーションをもたらし、物事の判断を明確にして、創造的で理路整然とした思考をもたらしてくれるといわれています。直観力を高めて真実を見極め、物事に対して冷静に対処できるようになるでしょう。また、コミュニケーション能力を高め、人間関係をスムーズにすると伝えられています。

◆緑(グリーン):自然体・癒し・安心感・協調
周囲の環境に溶け込み、摩擦を回避してより良いコミュニケーションを促してくれます。感情を安定させ、温和な気持ちにさせてくれる、優しい癒しの力があると伝えられています。また、判断力や思考力、ひらめきをもたらしてくれるので、勉強中や創造活動の時に身につけると良いでしょう。

◆黄色(イエロー):希望・知恵・好奇心
心身に活力を与え、希望と知的好奇心を授けると伝えられています。芸術的な才能を引き出し、創造力・集中力・直感力を高めてくれるので、何かを学ぶ時に身につけると良いでしょう。また、交友関係を広げたい時、人気を高めたい時、上手に自己を表現したい時のお守りに。

通常「ミックスカラーフローライト」として販売されている物は、これらの色が連の中に混在しているタイプです。様々なフローライトのパワーが重なり合い、1つになって発揮されるといわれています。また、ブルーとグリーンフローライトはとても近い波動を持ち、合わせて持つことで相乗効果が期待できます。

フローライトは硬度が低く、へきかい性(一定方向にパカッと割れる性質)があるため、硬いものにぶつけたり、強い衝撃を与えたりしないようご注意ください。また、紫外線や水にもあまり強くありません。特に強い紫外線は褪色の原因となりますので、直射日光が当たる場所に長時間放置せず、少し暗い場所に保管するのがお勧めです。

光や熱による刺激で発光することから「蛍石」という和名が付けられています。その発光現象は、フローライトの破片を火にくべるとハッキリ見ることができますが、石の破片がパチパチと弾け飛んで大変危険です。面白半分で実験しないようにしましょう。また、石によっては紫外線を当てると蛍光現象が見られるものもあります。

ブルーフローライトを使用したアクセサリー

PAGE TOP ▲