パワーストーンアクセサリー専門店Natural Style

パワーストーン(天然石)の魅力を活かした、
オリジナルの手作りアクセサリーを販売しております

水晶

水晶

英名 Quartz
和名 石英
主な産地 ブラジル、マダガスカル、アメリカ
成分 SiO2
結晶系 六方晶系(三方晶系)
モース硬度 7
比重 2.6
透明 白色 緑色 青色 紫色(アメジスト) 黄色(シトリン) ピンク色(ローズクォーツ)濃淡黒色(スモーキークォーツ)
当店で水晶と表記してある水晶は透明タイプです

水晶の意味

クォーツ(石英)の中でも特に、無色透明で、結晶形がはっきりした物をクリスタル(水晶)と呼びます。氷の結晶のような見た目から、昔の人々は「氷の化石」「水が結晶して硬化したもの」という風に考えていたようです。クリスタルの語源である「クリスタロス」はギリシア語で氷という意味。日本ではその昔、水晶を「水精」と呼んでいました。全く違う文化を持つ国の人々が、水晶に対して同じような、または非常に近いイメージを抱いたのはとても不思議です。

パワーストーンは水晶に始まって水晶に終わる、というぐらい、水晶抜きには語れません。初級編的な石であると同時に、優れた霊能者の方や、パワーストーンの知識が豊富な方が最後に手にする石は水晶だといわれています。それは水晶が清浄で万能なパワーストーンだからではないでしょうか。

水晶は古来より霊石として崇められ、様々な儀式に用いられたと伝えられています。災いや魔を払い、危険から守ってくれる「邪気払いの石」「幸運を招く石」として世界中で愛されてきました。ダイヤモンドと同じく4月の誕生石でもあります。

古い建物やお寺などの地面には水晶が埋められている事があります。それは水晶によって土地を清め、厄を祓い、運気の流れを良い方向に整えると信じられていたからです。現代でも、地鎮祭の時などに、地面に水晶を撒いたり埋める風習が残っている地方もあります。水があらゆるものを洗い流すように、水晶は地・人・場など、すべての「気」を浄化し、清めると伝えられています。

霊的に敏感な人がこの石に触れると、ひんやりとして心地良く、美しい波動を感じるといいます。それは、冷たい湧き水に触れた時や、早朝の新鮮な空気を吸い込んだ時のような清々しさに似ています。このように水晶は、極めて純粋で、清らかなパワーを放っていると考えられています。

人は潜在的に、自然に対して癒しを求めています。森林浴などに代表されるように、自然を感じ、波長を合わせることで、無意識に自分をチューニングしているのです。この「自然の癒し」に最も近い波動を持つ石が水晶だといわれています。

水晶は「純粋・無垢」を象徴し、心と魂を清め、生命力を活性化させ、潜在能力や才能を呼び覚ますといわれています。これは、本来の力を妨げていた様々な要因を取り去って、浄化してくれるからだと考えられます。人間的成長を促し、霊格を高めてくれることから、古来より占い師や呪術師が好んで身に着けていたそうです。

創造力・直観力・洞察力を高め、自然から何かを学び取る力を得る事ができると伝えられています。また、負のエネルギーを吸い取り、持ち主を外界から守ってくれるので、お守りに最適なパワーストーンです。持ち主の変わりに盾となり、良くない気を吸い取ってくれるので、身に着けた後は浄化を行うことをおすすめします。

水晶は組み合せた石の力を増幅し、より強く発揮できるよう助ける作用があるといわれています。そのため、どの石と組み合わせても相性が良く、他の石の個性を強め、その石の波動が常に清浄に保たれるようサポートしてくれるでしょう。

また、複数の石の波動を繋ぐ架け橋のような役割も持っています。水晶の波動は全ての石の共通言語のようなもの。違う言語を話す石同士の間に入って通訳のような事をしてくれるのです。それぞれの石の波動を共振させ、響き合うようにしてくれるでしょう。このことは広く知られており、一般的なパワーストーンのアクセサリーには、その効果を狙って水晶を組み込んである事が多いようです。

※水晶は合成品や人工品、模造品などが多く出回っている事でも知られています。(模造)技術の発達により、現在では質の良い天然水晶を見分け、仕入れることはとても難しくなってきました。当店では信頼できる専門の業者からのみ仕入れを行い、業者様に定期的にソーティングに出して頂いています。

水晶を使用したアクセサリー

ロータス水晶を使用したアクセサリー

PAGE TOP ▲